本文へスキップ

聴覚障害・手話を考える. Tekotoba

しゅわreport

手話は言語です。

手話は言語

 手話は、手を口の代わりに動かし、言葉を発して相手と会話をする言語です。言語というからには文法もありますし、独特の単語や表現もあります。


手話は世界共通?

活動報告写真

 手話は、世界共通ではありません。 日本には日本の、アメリカにはアメリカの手話があります。健聴者からは全く違う手話に見えても、ろう者同士では結構通じたりするそうですがね。

 手話は世界共通ではないと申しましたが、台湾では日本の手話が通じるそうです。これは歴史上、そうなったそうです。


方言と共通語?

活動報告写真

 日本国内では全員が同じ手話を使っているかというとそうでもありません。まず根本として、『日本手話』と『日本語対応手話』というものがあります。日本手話というのはろう者が普通に使う手話で、独自の文法をもった言語です。そして日本語対応手話は、その名の通り日本語に沿って手話表現をします。
 違いとしては、例えば日本語で『なにを食べる?』という質問を日本手話で表すと『食べる、何?』というような順序になります。手話を訳す場合にはさほど困りませんが、自分で自然に使うにはそうとうな訓練が必要かと思われます。
 また、手話には方言もあります。主に東京から発せられたものと、大阪から発せられたものに分かれます。多くのろう者が聾学校で手話を習得しているので、どこの聾学校で教わったかによって使う手話に違いがでてきます。全てが違うわけではなく、ちょっとした単語が違う程度で全く通じないということはありません。


手話=ろう者、ろう者≠手話!?

 手話を使うのはろう者ですが、ろう者がみんな手話を使うというわけではありません。小学校や幼稚園からずっと普通学級にいる方は手話を知らない方が多くいます。手話を知らない間は口話を読み取り、筆談を交えてコミュニケーションを図っています。それでも十分に豊かな生活を送れる方もいます。
 しかし、手話を知って初めて自分を表現できたという話も聞きます。手話を知らないときは、必要最低限のことしか伝えずにいた人も、手話を使って自由に会話できることによって、新しい世界が広がってきます。


口話法、手話法、併用法・・・

 ろう教育の現場では長い間、手話を禁じてきました。今でも手話をろう者の第一言語として認めていないところは多々あります。
 手話を覚えると口話ができなくなるとう理由からでしょうか、子供に手話をさせず、口の読取と口を使った発音の練習がされているそうです。しかし残存聴力の大きい人には適当であっても、生まれつきのろうや残存聴力がほとんど無い人には『音』の概念が無く、厳しい教育であるそうです。
 口話がいいか、手話がいいか、あるいはそれらを併せた併用法がいいのか、個人による選択ができるといいと思います。
 なお、現実には多くのろう者が授業で手話を教わらなくとも先輩らから手話を教わっているそうです。私の友達も隠れて先輩から教わったと言ってましたよ。


理解することの大切さ

 このように、手話は人間としての尊厳という部分にも深く関わります。その人のことをよく知るために会話をすることは普通のことです。その手段として手話を使うという部分が一般の方と違うだけで中身は同じです。手話が使えて、色々な人と知り合うことができたらどんなに素晴らしいことかと思います。



手話を使う場面・・・

 ふつう、英会話なんかはスキルのために習得します。しかし手話は違います。英語は現地ではみんなが共通言語として使っており、空港でも買物でも病院でも使えます。しかし手話はどうでしょう?お店で店員さんが手話を使う人だからこっちが手話で話しかけて買物をする場面ってないですよね。逆にお客さんが手話を使われるので、店員さんが手話で応対することはありますがね。
 現実として、手話を使う少数の方々のために、健聴者が手話を使っているのです。ですから手話を必要とする場面には必ずろう者がいます。
 いつかはろう者の社会参加が広まり、自ら出店したり、受付や販売員などコミュニケーションが必要とされる場にろう者がいることが当たり前の姿を見たいものです。



手話をはじめるには

 よく『手話をはじめたい』という相談を受けます。手話は視覚言語ですので電話やメール友達になっても教えられません。
 で、どうするかというと地域の手話サークルに参加することをお勧めします。市役所の福祉課や社協に行けば紹介してくれるでしょう。そうしたサークルで手話を知るところから始めましょう。
 また、地域によっては手話講座を開講している場合もあります。これも役所で聞くと良いでしょうね。
 あるいは、身近に、例えば職場にろう者が居るのであればその方に教わるのが一番いいと思いますよ。生の手話を直近で教えてもらえるなんてすばらしい☆



 表現などに不備がございましたらご指摘下さい。


てことば

聴覚障害・手話を考える